「爽快な、勝ち逃げFX」に話題騒然。【FXトレンドグライダー】遊びの中でFX攻略の覇者となる。天才プログラマーKの秘蔵アイテム。

「爽快な、勝ち逃げFX」に話題騒然。【FXトレンドグライダー】遊びの中でFX攻略の覇者となる。天才プログラマーKの秘蔵アイテム。

「爽快な、勝ち逃げFX」に話題騒然。【FXトレンドグライダー】遊びの中でFX攻略の覇者となる。天才プログラマーKの秘蔵アイテム。

 

FXトレンドグライダーの凄い所とは?

 

エントリーチャンスで矢印出現!

 

FXトレンドグライダーにおいては、エントリーにちょうど良い相場状況になった際に、「矢印」が現れます。

 

貴方様は、この矢印を確認して、エントリーのタイミングが直ぐに分かります。

 

しかしながら、雲行きだけは気をつける必要がありますから、 そこは貴方様のグライド技術を磨く所になります。

 

また、矢印が確定するまでの予告サイン(黄色)も現れますから、矢印確定前からエントリー準備する事が可能です。

 

選べる3種のグライダー

 

FXトレンドグライダーは、FXのずぶの素人だとしても、「ゲーム感覚でエンジョイしながら、お金を増やす事が出来る。」を念頭に置いておりますから、遊び要素もたくさんあります!

 

「気流」を示しながら、貴方様が運転するグライダーは3種類を準備させて貰いました。

 

一番テンションの上がるグライダーで、大きな気流(トレンド)に飛び込んでいただきたいと思います。

 

選べるチャート(朝・夕・夜)

 

更にFXトレンドグライダーのチャートは、配色の違う、3種類のチャートパターンから選択できます。(朝飛行・夕方飛行・夜飛行)

 

これについても、貴方様のテンション次第で、 お好みのチャートを選択して貰う事が可能です。

 

例をあげると、考えた通りに利益を上げられなかった取引が続いた際、チャートの配色を変えて気分をしきり直す!という事も行なえますね。

 

日本時間も表示!

 

FXトレンドグライダーは、メタトレーダー4という名前のチャート表示ソフトを使って、プログラムをセッティングするのですが、メタトレーダー4は海外時間(各国の証券会社の時間)で表示されますから、日本時間と異なる時間が表示されている事に、戸惑いを持つ方も多くいたみたいです。

 

そこで、ちゃんと現在の日本時間とも照らし合わせる事が出来る様に、日本時間の表示も搭載させて貰いました。

 

雲以外の抵抗となる節目トレードも表示

 

1.1300や、1.1200みたいに、キリの良いレートは、指値注文(予約注文)等を設定している 投資家もたくさんいて、たくさんのライバルが注目しているポイントになります。

 

こういったレートは、「雲」が 無かったとしても気を付ける必要があります。

 

FXトレンドグライダーは、ちゃんと節目のレートも確認可能な様に、 表示させております。

 

全通貨ペアに対応!

 

FXトレンドグライダーは、チャートを使用した取引においては、様々な通貨ペアで 使用ができます。

 

従って、8つの通貨ペアを纏めて同時監視して 取引を行う事もできます。

 

監視通貨を多くしたら、その分だけ巡り合うチャンスも増え、 投資効果をあなた次第で数倍にも上げる事が出来るのです!

 

 

FXトレンドグライダーのQ&A

 

間違いなく素人であっても行なえるでしょうか?

投資を行なう上で、どんな商品であっても絶対に利益を得られるとは断言できません。

 

しかしながら、ちゃんと FXで利益を上げる為の鉄板ルールを押さえ、長い検証を経て、一番勝率高く大きく利食いが行なえる様に 工夫されたチャートがFXトレンドグライダーになります。

資金はどれくらいから開始できますでしょうか?

最低資金は、間違いなく練習という意味合いでしたら1万円程度の資金からであっても 取り組めます。

 

しかしながら、1万円スタートの際には利益も小さいものになってしまいますから、 5万円以上程度からの開始を推奨させて頂きます。

証券口座の指定はあるでしょうか?

指定の証券会社はないです。しかしながら、今から初めてFXを開始すると言う人が練習の意味も 含めて小資金であっても、一番効率良く運用して行ける証券会社をご案内させて貰いたいと思います。

 

口座開設は任意になります。当然現在使っている証券会社をそのまま使用してもらっても大丈夫です。

私は夜間だけしか取引が行なえませんが、問題ありませんでしょうか?

当商品は、スキャルピングみたいな超短期トレードであってもしっかりとご使用出来ますから、落ち着いて取引したい人から、スピード勝負の方まで、全員に対応しております。

 

もしも1日に1時間程度の取引時間だけしか作れ無かったとしても、スキャルピングの手法でしたら、3回〜6回程度の取引もできます。

 

通貨を多くする事で、それ以上のエントリーチャンスも十分にあると思います。

公式サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る