文章自動作成ツール“PSW_ver.2”『2014年インフォトップ殿堂入り商品』“PSW”のバージョンアップ版の登場! “PSW”の機能を大幅に拡充したバージョンアップ版です。

文章自動作成ツール“PSW_ver.2”『2014年インフォトップ殿堂入り商品』“PSW”のバージョンアップ版の登場! “PSW”の機能を大幅に拡充したバージョンアップ版です。

文章自動作成ツール“PSW_ver.2”『2014年インフォトップ殿堂入り商品』“PSW”のバージョンアップ版の登場! “PSW”の機能を大幅に拡充したバージョンアップ版です。

 

PSW_ver.2とは?

 

世界中に文章自動作成ツールと呼ばれる物はたくさん存在します。

 

私もこれまでに様々な物を行なってみた事がありますし、PSW_ver.2を取り扱っているのもその経験があったからこそなのですが、実際に精度の高い文章を作り出してくれる物は殆どありません。

 

つい先日も、凄まじい謳い文句の元、難解な専門用語を並べ立てて宣伝している文章作成ツールを確かめたのですが、重要な自動作成された文章のレベルと言ったら、それはまあ低質な物だったのです。

 

あらゆる機能を実装させて、あたかも素晴らしいツールみたいにカムフラージュしているのですが、正直申し上げて自動作成される文章が低質なようでしたら、どのような機能が備わっていても、それこそ宝の持ち腐れで一切使い物にならないと思います。

 

当然貴方様も知っているかと思うのですが、 ワードサラダ的な文章や支離滅裂な文章が載っているウェブサイトは確実に圏外に飛ばされてしまいます。

 

我々が強みとしているのは、飽くまでも「自動作成された文章の精度が高くて自然である!」という事です。

 

であるからこそ効果と収益が見込めて、たくさんの追加購入がある訳です。

 

単純ではあるのですが、そこを蔑ろにしているようだと自動文章作成ツールを使用する意味が無くなるのです。

 

特にPSW_ver.2の場合、リライトされた短い文章を組み合わせますから、リライトの精度が肝になって来ます。

 

文章自動作成ツールの「本家本元」と言われている以上は、そこの精度を落とす事は許されないと思っています。

 

そのため、プロライター1名がリライトしたものを別のライターが確認・修正するという形を取っています。

 

しかし、クラウドソーシング等にライターとして登録している人は、何万・何十万ととてつもない数に昇るというのに、我々が望むレベルのリライトが行なえるライターさんは多くありません。

 

とりわけPSW_ver.2のリライトの基本は1つの文節を10個ずつリライトするという事なのですが、実際にこの作業を確実に行なえるライターさんが少ないので困ります。

 

はっきり申し上げて、片手で足りる程度の数しかいないのです。

 

新ジャンルの製作リクエストもたくさん頂戴しておりますが、優秀なライターさんだけにしか依頼する事が出来ない作業ですから、旧バージョンのPSWのリリースから数えて丸4年も経過したにもかかわらず、今になっても63ジャンルだけしか販売出来ていないという状態で、申し訳ないばかりです。

 

 

PSW_ver.2のQ&A

 

1クリックで最高10,000ページと書いてあるのですが、それ以上の文章が欲しい際にはどうしたら良いですか?

1クリックで最高10,000ページと言うのは、ツールをスピーディーにご使用頂く為に上限を設けているだけで、クリックを追加したら違う文章が作られます。

ツールの設置に自信がありませんが、簡単ですか?

設置そのものはとても簡単ですし、難解な知識等は全く要りませんから、ご心配なく。

 

操作マニュアルそのものもとても理解し易く記されておりますから悩む事は無いかと存じます。

複数のジャンルを注文したいと思っておりますが、その際には安くなる等の優待はあるでしょうか?

“PSW_ver.2”をお買上げ頂いた人には、お買い上げから2日後に「PSW_ver.2通信」No.1というEメールをお送りさせて貰います。

 

その中で追加購入ご希望者への特別購入方法や纏め買い、その他大事な事をお伝えさせて頂きますので、「PSW_ver.2通信」をご確認頂きたいと思います。

 

「PSW_ver.2操作マニュアル」にも詳細が記載しています。

 

また当社にじかにEメールにてご連絡頂いても大丈夫です。

完全に同じ文章が作られるという事はないでしょうか?

“PSW_ver.2”においては理論上1兆通りの文章の中から15個の文章を組み合わせて“1ページ=およそ1,300文字”の文章を作り上げます。

 

組み合わせなので、それにより完成する文章は1兆通りとは比較にならないレベルの天文学的な数字になります。

 

その上組み合わせのロジックは時間次第で変わる様に定義されておりますから、各ページを比べてみた時に、同じ文章になる事はほぼ無いと言えるでしょう。(尚、基本的にデータをランダムに組み合わせて1ページ分の文章を作り上げますから、部分的に同じ文言になる事はやむを得ません。)

従来版PSWにおいてはMicrosoftExcelが装備されていないと動かなかったみたいですが、“PSW_ver.2”においてはMicrosoftExcelが搭載されていない場合でも動くみたいですが、これは間違いありませんか?

はい、MicrosoftExcelが搭載されていない場合でも動きます。

 

しかしながら、データをCSVファイルで出力する際にはExcelが搭載されていた方が便利ですから、無料で使えるキングソフトオフィス等のオフィス互換ソフトか、無料で使えるCSVエディタ(「CSVエディタ」で検索すると無料で使えるソフトが一杯あります)を入れておく事を推奨させて頂きます。導入方法はご自身でお確かめ頂きたいと思います。

公式サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る