【ゴーストリライター3通常版】サテライトを半オート【繋がる記事を吐き出すツール】

【ゴーストリライター3通常版】サテライトを半オート【繋がる記事を吐き出すツール】

【ゴーストリライター3通常版】サテライトを半オート【繋がる記事を吐き出すツール】

【ゴーストリライター3通常版】サテライトを半オート【繋がる記事を吐き出すツール】

 

ゴーストリライター3とは?

 

コピペみたいな記事であっても検索エンジンに登録される訳

 

現実に、行なってみたら直ぐ分かるのですが、仮に全く同じ内容のコピペ記事だとしても、検索エンジンにはあたりまえのようにヒットします。

 

当然、その中でいずれが上位に来るのか? と言うのは、記事だけの要因では無くドメインの強さや被リンク等SEO的な要因が関わって来ますから、一概に申し上げられませんが、 最低でも2015年現在において コピペの記事であってもGoogleからは弾かれないという1つの指標になると思います。

 

言うまでも無く、今回のソフトで吐き出す記事は全員同じコピペの記事になるという事では御座いません。

 

理論上、他の人と記事が被る可能性は限りなくゼロに近くなると思います。

 

どのような原理で記事を吐き出してるの?

 

文章が繋がる原理はシンプルで、前もって繋がる様に考えて文節を区切った記事をいっぱい準備してあります。

 

それをソフトに読込ませて文章を組み替えて多くのパターンで文章を作り出す。 単純にそれだけなのです。

 

これは ”組み換え記事 ” だけ準備出来たら、エクセルのマクロが触れるレベルでソフトが作れるレベルの物になります。 (そんなソフトを自分自身で作成して使用している方もかなりいると思います)

 

現実に、当社においても2007年頃にテキストコンバインと言う文章組み換えをソフトをパートナーの片山は2009年頃ABPゴーストという名前のブログ投稿ツールをリリースし、そこに組み換え機能は備えておりました。

 

そう考えたら、 現在、世の中にたくさんある文章作成ソフトの市場においては当社やパートナーの片山の会社はそれなりに老舗の部類と言えるのではないでしょうか。

 

組み替えた記事を、更にリライトしていきます

 

どんなにボタンポチポチで、何記事でも出て来るとしても、多くの方が使用したら同じ様な記事が吐きだされる可能性がある事は否定できません。

 

「です。」が「ます。」になり 「ほら?変わっただろ?」 何て馬鹿な話でもありませんので笑。

 

そこで当社は、貴方様と他の方との被りを出来る限り下げる為にたくさんの方法を考えて実装させて頂きました。

 

複数パターンを組み合わせ、一層他人と被らなくするソフト

 

ゴーストリライター3は 文章組み換え 初期で1ジャンル1.3兆パターン(当然、理論上になります)

 

複数置換

 

辞書リライト

 

ゴーストリライト

 

このような項目を複数同時に組み合わせる事によって、 それなりに、「日本語として読む事が出来る」という事を考えながら、貴方様の記事と他の人の記事が被ることがない様に、出来るだけ工夫して作り上げられたツールなのです。

 

 

ゴーストリライター3のQ&A

 

ライターの書いた元記事を確かめる事は可能でしょうか?

確かめられます。本ソフトは自分自身でCSVで組み替え記事を作ったら思うが儘に足せる仕様となっています。

 

従いまして、元々取り込まれている記事も全て確かめる事が可能になっております。

動作確認の箇所にウィンドウズ Vistaがありませんか?動きませんか?

念のため、Vistaにおいても動く事は確かめているのですが、VistaというOSそのものが不安定ですから、使っているパソコンの環境に左右される事が多く、意図的に動作保証対象外とさせてもらっております。

 

従いまして、OSそのものの問題で動かないケースがたまにある事をお分かり頂いた上でご検討頂きたいと思います。

付属の10ジャンル以外の記事を自分自身で作って足せるでしょうか?

記事は好きなように追加してもらう事が出来ます。

 

貴方様の好きな様にフォルダ分けして足せますから、「探偵」であっても「犬のしつけ」であっても、「乳酸菌サプリ」であっても、組み換え記事だけ自分自身で準備して貰えたら、お好きな様に追加可能です。

 

※尚、お買い求め後のページで面倒くさがりな人の為の追加の記事販売をしていますから、必要な時にご連絡頂きたいと思います(購入しないと使う事が出来ないと言う物では御座いません)

自分自身の記事やWEB上の記事を活用してリライト機能のみ使用出来ませんか?

リライト機能のみでも動くのですが、組み替え記事を使用した時程大きく文章が変わらないかなという印象になるでしょう。

 

通常版の辞書リライト、ゴーストリライト等の機能は、飽くまでも組み替えた記事を、より一層被らない様にするイメージになりますから、リライトだけの機能でご検討下さっているのでしたら、お控え頂いた方が良いでしょう。

公式サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る