水泳ベストタイム更新プログラム 〜2軸泳法で4泳法に革命を起こす〜【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】

水泳ベストタイム更新プログラム 〜2軸泳法で4泳法に革命を起こす〜【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】

水泳ベストタイム更新プログラム 〜2軸泳法で4泳法に革命を起こす〜【日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘 監修】

 

水泳ベストタイム更新プログラムはどんなものなのか?

 

実際にどうしたら2軸泳法がマスター出来るのでしょうか?

 

藤森先生にじかに教えを頂くのが最良ではあるのですが、藤森先生は日体大のコーチとして、日本代表のコーチとしても活躍されている方なので、一般の方が教えを受けたいと考えても簡単ではありません。

 

そこで、多忙な中、無理を言って動画としてDVDに纏めてもらえないかと頼んで、 水泳ベストタイム更新プログラム 〜2軸泳法で4泳法に革命を起こす〜 という名前のDVDに纏め上げる事が出来たのです。

 

2軸泳法を動画を基に実際的に詳細にご説明し、どのようにしてマスターしたら有効かというトレーニング方法、ドリルを含めて纏め上げてもらっております。

2軸泳法の基本と大事な点

 

2軸泳法は今までの1軸とはこの部分が異なるので抵抗が少なくなって速く楽に泳ぐ事が出来る

 

クロールでどうやったら2軸で泳げる様になるのか?

 

誤りだらけのプル動作と適切なプルの方法

 

背泳ぎの2軸で気を付けないといけない点

 

どうして、平泳ぎやバタフライにおいても2軸が効果があるのか?

 

誤りの多いクロールのプルを直してしっかりと抵抗を少なくして推進力を付ける方法

 

推進力を削られる行なっては駄目な呼吸と適切な呼吸

 

割と知られていない全泳法に効果がある指の使い方

 

2軸で泳ぐ際の目線の位置

 

入水のタイミング、手と足のタイミング、呼吸のタイミング……等々泳法別のちゃんとしたタイミングの取り方

 

2軸4泳法を習得する為のたくさんのドリル

等々充実しています。 こうやって2軸泳法を藤森先生から勉強しマスターする事によって、貴方様の水泳が一変し、

長い間更新出来なかった自己ベストを更新可能になる

 

体力や筋力が衰えて来たと感じても、まだ記録をアップ出来る

 

後半になっても体力が続いて、疲れ辛く速くラクラク泳ぐ事が出来る様に変わる

 

体のブレが無くなって、美しいフォームでしっかりとパワフルに泳ぐ事が出来る

 

呼吸も円滑になって、無駄が消えてスピードアップが可能になる

 

ライバルに勝つ事が出来る様に変わる

 

子供が見る見る上手くなって行き楽しみながら水泳を行なえる様に変わる

という事が行なえる様になるのも夢ではありません。

 

 

水泳ベストタイム更新プログラムを推薦されている方の声

 

いつも高いボディポジションをキープして泳ぐ事が出来タイム更新に結び付いています

 

藤森コーチの教えを受けて来て変化が見られた部分は体全体の筋肉をバランス良く刺激する事が出来ますから基本的な身体の使い方が良くなった感覚があります。

 

とりわけ腹圧を知らず知らずの間に入れる事が出来る様になって、いつでも高いボディポジションをキープして泳ぐ事が出来タイム更新に結び付いています。

 

また、水中での姿勢作りが良くなり、腹圧がおのずと上げられる様になりました。

 

教えはしっかりと考えられた中でされています。

 

飽くまでも水泳選手ですから、泳いでいる際に何処の筋肉を使用しているのかを考え、思考を鍛えて行きます。

 

4種目あるので、各々で鍛え方が違って来ます。 それも藤森コーチの教えにより行われています。

ベストタイムの更新に結び付いていると思います

 

藤森コーチの補強は、実際に効果的に体全体を鍛える事が出来る物だと思います。

 

水中トレーニング前の補強は、体操から始まって、その後ドライA、バランスボール等をします。

 

この習慣はなくてはならない物になっております。 これらの補強やストレッチをする事によって、自分自身の体をちゃんと知る事が出来る様になりました。

 

また、キツイトレーニングにより発生する怪我の防止に結び付いていると思います。

 

陸上で注意して適切な動きをする事によって、水中の動きで使用したい部分の筋肉を動かす事が出来る様になって、ベストタイムの更新に結び付いていると思います。

 

公式サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

関連ページ

バタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】
インフォトップで販売されている水泳が上達する情報商材のバタフライ・スピードアップ・プログラム【明治大学水泳部監督、バタフライ200m元短水路日本記録保持者 佐野秀匡 監修】を紹介しています。