松尾祐介のPOWER LINE打法〜「タメ」と「カベ」を作り、飛距離をアップさせる方法〜

松尾祐介のPOWER LINE打法〜「タメ」と「カベ」を作り、飛距離をアップさせる方法〜

松尾祐介のPOWER LINE打法〜「タメ」と「カベ」を作り、飛距離をアップさせる方法〜

松尾祐介のPOWER LINE打法〜「タメ」と「カベ」を作り、飛距離をアップさせる方法〜

 

松尾祐介のPOWER LINE打法とは?

 

今すぐにでも、お子様に指導出来る、「一流プレーヤーの体の使い方」とは?

 

多くのプロ野球選手に体の使い方を教えている、松尾トレーナー。実を言いますと、少年野球のお子さんであっても、一流選手と同じ体の使い方が行なえると仰います。

 

しかしながら、一流プレーヤーの体の使い方と耳にすると、「子供には、難し過ぎるのではないか」と感じられるかも知れないですね。

 

中には言うまでもなく、子供には真似が出来ない物もあるのですが、実を言いますと、少年野球の子供にも、少しのトレーニングで真似出来る物もあります。

 

その上、それが、ビックリするぐらい打撃力をアップさせる効果があるとしたら?貴方様も即刻、お子様に伝えてあげたいと思わないでしょうか?

 

早速、結論をお話しましょう

 

お子様にもアッという間に真似出来る、一流プレーヤーの体の使い方。それは、「お腹に圧を掛ける」事になります。

 

体が大きくないと言うのに、特大のホームランを打つ事が出来るプレーヤーや、一流プレーヤー。

 

彼らは全員、バッティングの構えからフィニッシュまで、「お腹に圧が掛かった状態」でスイングを行っています。

 

ひょっとしたら、「それって、お腹に力を入れろって事?」と、感じたかも知れないのですが、力を入れる事とはちょっぴり違うのです。

 

力を入れるのでは無く、「おのずとお腹に圧が掛かる状態を作り上げる事」が大事な点になります。

 

マスターするのが簡単ではない、「タメ」と「カベ」が、おのずと作れます

 

お腹に圧を掛ける事が大事な訳は、ここにあるのです。

 

野球の事を一生懸命学んでいる貴方様の事ですから、打撃において、「タメ」や「カベ」を作り上げる事の大切さは、とっくに知ってるかも知れないですね。

 

「タメ」と「カベ」を作れる様になったら、ボールを捉えるタイミングが合わせ易くなるだけでは無く、力を逃さずバットにしっかり伝える事が出来る様になります。

 

しかしながら、子供達に取って簡単ではないテクニックだという事も、また事実。

 

「きちんとタメて打て!」「もっとカベを作れ!」と伝えても、そうそう上手に行なえないプレーヤーがたくさんいます。

 

しかしながら、お腹に圧を掛けられる様になったら、意識せずとも、「タメ」と「カベ」はおのずと作ることができる様になります。

 

重要なのは、お腹に力を入れてスイングを行なうのでは無く、おのずとお腹に圧が掛かる「体の位置」を作り上げる事。

 

また、この体の位置を作って、お腹に圧が掛かった状態のまま、スイングが行なえる様になるやり方が…、

 

「POWER LINE打法」になります

 

「POWER LINE打法」は、一流プレーヤーの体の使い方を考察する事によって作り上げられた、松尾トレーナーの独自の打撃理論になります。

 

体の大きくないプレーヤーであっても、しっかりバットに力を伝えられるPOWER LINE打法は、現在、多くのプロ野球選手達が、こぞって取り入れているのです。

 

ひょっとしたら、「子供には、ハードルが高いんじゃないか?」と感じられるかも知れないのですが、大丈夫です。

 

この度、少年野球の子供であっても、あっさりとPOWER LINE打法がマスター出来る様に、特別な練習カリキュラムを作成してもらいました。そして今回…、

 

一流プレーヤーの体の使い方を、お子様にマスターさせる、「POWER LINE打法」を公開させて頂きます!

 

この度、イチロー選手の帯同トレーナーをされていた実績のある、松尾トレーナーから、少年野球の選手が、「POWER LINE打法」をマスターするやり方を伝えてもらいました。

 

そして、教えられた練習方法を3枚のDVDに収録(トータル収録時間107分)し、貴方様にご提供させてもらいます。

 

貴方様も、お子様と共にこちらの練習方法に取り組む事によって、

 

体が大きくないお子さんであっても、更に飛距離が出る可能性が上がる

 

力の弱いお子さんであっても、更に飛距離が出る可能性が上がる

 

ライバルよりも、早く上達する可能性が上がる

 

同じトレーニングを行なっても、2倍、3倍の速度で上達する可能性が上がる

 

怪我をし辛いボディに変わる

 

中学、高校、大学に進学してからも活きる

 

基本が行なえる伝えするのが難解な「タメ」「カベ」をおのずと習得出来る

 

タメが行なえる事によって、ボールを見極める余裕が出来る体幹の力をフルにバッティングに活かせる強い軸ができる

 

飛距離アップの可能性が上がる

 

邪魔していた「良くない癖」も改善出来る可能性が上がる

 

レギュラーの座を確固としたものに出来る

 

お子さんが活躍する姿を、更にいっぱい見る事が出来る

 

等々、数多くのメリットを手にする事が出来るのです。

 

公式サイトはこちらから

 

 

 

 

 

 

関連ページ

野球バッテリー上達革命〜精度を高める投内連携〜【元・千葉ロッテマリーンズ青松敬鎔・木村優太 監修】
インフォトップで販売されている野球が上達する情報商材の野球バッテリー上達革命〜精度を高める投内連携〜【元・千葉ロッテマリーンズ青松敬鎔・木村優太 監修】を紹介しています。
野球ノック上達革命〜ノックに特化した指導者向け上達法〜【ミスターロッテ初芝清 監修】
インフォトップで販売されている野球が上達する情報商材の野球ノック上達革命〜ノックに特化した指導者向け上達法〜【ミスターロッテ初芝清 監修】を紹介しています。